街はクリスマスムードにあふれているようだけど

12月24日。クリスマス・イブ。
株式会社ヒキダシのCEO岡田慶子(田口慶子)です。

去年どこかで第九を歌ってた記憶のある紫乃さん。
今ごろ、休暇先のドイツの教会で賛美歌を歌ってたりするのかな?(笑)


さて、こちら日本。
各地商業施設には、クリスマスツリーに始まる
店内外への装飾が施され
夜にはLEDによるイルミネーションが
温かさや華やかさを演出している。

クリスマスイブだからか
給料日後の週末だからか
街はどこも人出が多く賑やか。

ちょっとこれらの演出、やりすぎでは?
と感じるスポットもあるけれど
観光スポット的に出かける人も多いようで
SNSでの賑わいを見ると肯定的な人が多いような。



今日の夕方、百貨店の地下を
無意識に駅に向かって通ってしまったところ
予約したクリスマスケーキを受け取る列
当日分のケーキを並んで購入しようとする人たちで
スイーツコーナーはごった返していて
うーん、なんだかなーという気持ちが、今年もムクムク。

こういうことを言うと
天邪鬼的な、と言われたりするのだけれど。

失礼ながらクリスチャンでないので
主の降誕のイベントに参画する流れはなく
特にクリスマスだから!という気持ちが上がらない。

そのうえ、ここが多分、一番乗れないことなのだけど
なぜ、みんなはクリスマスケーキを買いに走るんだ!?
なぜ、みんなはプレゼント交換をしてるんだ!?



このあたりがどうも自分にとっての理由づけがなくて
私は今年も、いつもと同様に
日々変わらぬ一日を
まもなく終えようとしている。

もちろん、祈りの機会としての
クリスマスイブ、そしてクリスマスには理解を持っている。

世界の平和と個々人それぞれの幸せを
心から願う。




まぁ要するに私、岡田慶子は
へそ曲がりな性格ということですな(笑)


※今日の写真は、そんなことで今日を表す日めくりカレンダーの一枚。

紫乃さん:紫乃さんはいつも、どんなクリスマスを過ごしてるんでしょ?
そして今年はどんな感じ?(K)

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000