Over45 女二人で会社をつくるということ①

COOの木下紫乃です。

今年は暦のせいか、なんだかお正月があっという間に過ぎ去ってしまった感がありますね。

そもそも私は1日、2日と、実は風邪を引いて寝込んでいたからでもあり、余計そう感じました。


いつもバタバタしている私が、2日間ほとんどベッドにいる中で、あらためて去年のことをぼんやりと振り返ってみました。


去年私の中での一番大きな出来事は、やはり会社をつくったこと。


昨年の今頃「会社をつくる」というのは実は計画にも何も入っていなくて「今年の目標」的なものにもそんな項目はなかった。

まあプロジェクト的なことはいくつか立ち上げていたし、いずれは何か形にと思っていたものの、登記をするイメージは全然ありませんでした。


正直、会社を興すまでは、勝手に、「ここまでできてないと会社は立ち上げられない」「これぐらいの覚悟がない人に会社を創る資格はない」とか、色々ハードルを作っていたのですが、登記してみれば何のことはない、誰からもそんなことを問いただされることはないし、会社を作ること自体は簡単。社判をどうするだとか、口座はどうだとか、今まで考えたこともないことにぶち当たりはするけれど、まあでもこれも大したことではなかった。


何かの導きと、引き合わせで、たまたま前年出会ってからまだ1年ぐらいだった慶子さんとの不思議なご縁で、45歳超女性二人が、法人を他立ち上げて…、気がついたら早半年。


     何が変わったか。


現実的なことを言えば、今まで個人でやった仕事は、個人の収入でしかなかったけれど、「ヒキダシ」という法人の収入になるということ。

また、何かを決めるのに、一緒に相談しながら決められる人がいるということ。


こうやって書くとすでに会社を起業した人からみれば笑っちゃうような「当たり前でしょ?」かもしれませんが、何せ、この歳で初めての起業、何もかもが新鮮。


特に、意思決定において、「私」「慶子さん」「ヒキダシ」。この三者が登場人物として出てくるというのは、思いの外、面白い。


結局、で何が一番変わったかというと、「未来」を考えるようになったということ。

それは、会社の未来であり、社会の未来であり、そして私の未来についてを。

この辺は次回書いてみたいと思います。


もう一回私が書くね、慶子さん(S)

仕事始めの1月4日、オフィスにて。

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • Keiko_okada

    2017.01.11 15:40

    @ろここちらこそリアルなご勇姿に力をいただきます。ブログお引っ越し、確認しました♪今後も楽しみにしています!
  • ろこ

    2017.01.05 15:20

    blogお引越ししました♬ロコです。いやぁ、同じ年代の女性の起業はこちらも、勇気をいただきます。自分も未来に向かってひた走りたいと思います🤗