成功の秘訣

またまた木下紫乃です。

今、慶子さんと一緒に「ヒキダシ」として、中小企業庁の配下の、中小機構が運営する「BusiNest」が主催するアクセラレータープログラム、つまり起業支援プログラムに参加しています。


それぞれ起業のタネを持った人たちを、6ヶ月間で様々な得意分野を持つメンターが様々な角度からのアドバイスを与え、より実現性のあるものにしていくというプログラム。

今、日本は、もっと起業や起業家を増やさないとと、官民こぞって起業する人たちの支援を遅ればせながら始めているようで、今回のプログラムもその一環です。


数十社の応募の中から、書類、プレゼンで審査され、「事業可能性がありそう」ということで8グループが選ばれ、今期サポートいただくことになったのです。

もちろんこのプログラムに通ったからと言って、事業の成功が約束されているわけでも、融資や助成金などを得られるわけではありません。

でもまあ「がんばる価値はあるんじゃない?」と、背中を圧して、いや、押してもらえるプログラムです。


人の背中を押そうとしている私達だけど、灯台下暗しということで、自分達の背中を押してもらうこと怠っているということで、慶子さんがちゃちゃっと応募をしてくれたのです。


9月からスタートとしていて、毎月進捗状況をメンターや事務局、他の起業仲間にプレゼンしして、色々意見をいただいています。


先日はその新年会で、ようやくゆっくり他の起業メンバーの方達とお話ができました(いつも進捗報告会は遅くまで続くのでゆっくり話せる時間がなかなかなくて…)。


参加されてる方の年齢は26歳から65歳までいて、そして国籍も日本人だけじゃなく、メキシコ人、ベトナム人等々…多様なたち。

起業のテーマも、ゲームあり、画廊ビジネスあり、VRあり、翻訳アプリあり…と本当に様々。


最初はメンター達から、自分たちの事業へのフィードバックを聴くだけで精一杯でしたが、

報告会の回数を重ねるごとに、他の方の事業へのフィードバックを自分達の参考にできたり、あるいは私からも色々意見を言ったりと、自分の事業と、他の人の事業の共通点を見つけたり、協力できそうなこと、してもらえそうなことがどんどん混じり合ってきて、他の方の事業も、他人事とは思えなくなってきます。

自分たちの事業だけじゃなく、それぞれの事業が進化していくのが、どんどん楽しみになってきて…。


そして、そういうのって、本当に楽しい。


テーマは違っても「一緒に未来を作っている」って感じが。


新年会では、あるメンターの方がこう言っていました。

「あのさ、みんなさ、どうすれば成功するかわかる? 

 みんな、すでにいいテーマ持ってるんだから、どんなにdisられても貶されても辞めないことだよ」


だって。

松下幸之助的 。


でも「あきらめないで、やめないこと」って、きっと口で言うよりはずっと難しいのだと思う。それを持ちこたえるための精神力だけではなく、資金力も含め色々なことが要求される。


でもやりたくて始めたことなんだから、disられても、貶されても、あるときは深く耳を傾けながら、あるときは聞き流して、少しずつ前に進もうと思うのです。


そして、年齢、性別、国籍、住む場所も様々ですが、今回たまたまこのプログラムで知り合えて、同じタイミングで「新しいこと始めよう!」という、この機会でなければ一生会えなかった仲間と、一緒に加速していきたいなと思える、いい夜でした。


株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • Shino

    2017.01.15 16:36

    @ろこロコさん、いつも温かいメッセージありがとうございます。そうなんです、なかなか何をやろうとしているのかをうまく伝えられなくて苦労しています 笑。トップに立つ人のみならず、世代で考えたときに50代前後の方って迷いもあれば、あきらめもあると思うのですが、その方のいいところをヒキダシながら、その力が役に立つところが他にもあることを知ってもらう、そんなことをやろうとしています…。これでも伝わりにくいかな…。Youtube拝見しました!素晴らしいです。ロコさんのお話しもぜひお伺いしたいです。
  • ろこ

    2017.01.15 13:43

    なかなか、どんな会社なのか分かりませんでしたが、少しづつ分かって来ました(笑) 何事もトップに立つ者は孤独で、時に自分を信じながらも俯瞰的に物事を見据える客観的な視野が必要で。 そんな難しい立場の方々を多角的にサポートしていく、て感じでしょうか。 私も頑張ります。 No ground beneath your feet Now here to hold you