自立とは、依存先を増やすこと

CEOの岡田慶子です。


教育研修の仕事をしていた当時

「いかに自立した社員に育てるか」ということが

企業の人事担当の方との間で、また社内で研修プログラムを立てる際に

言葉としてよく聞かれました。


そのときの意味合いは

「会社にぶら下がらない、自分の意思を持って仕事に向き合う」ということだったように記憶しています。



辞書で調べると

「自立とは、自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと」と出ます。


でも世の中、自分以外のものの助けなしで生きていくことなどできないと思うので

これ、いまいちフィットしない。


最近になって、また「自立」ということを考え

数年前に出会ったこの言葉が思いこされてきました。



一般的に「自立」の反対語は「依存」だと勘違いされていますが、
人間は物であったり人であったり、さまざまなものに依存しないと生きていけないんですよ。
(中略)
何にも依存していないと感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います。だから、自立を目指すなら、むしろ依存先を増やさないといけない。


これは小児科医/東京大学先端科学技術研究センター・特任講師である熊谷晋一郎さん

のインタビュー記事で知った言葉です。

※新生児仮死の後遺症により脳性まひの障害を持つ熊谷晋一郎さん。

“健常な動き”を身につけるため、物心つく前から厳しいリハビリを受けました。

しかしそれは、彼にとって「身体に合わない規範を押し付けられる」という体験でした。

成長とともにリハビリをやめ、自分らしいあり方を模索。大学進学をきっかけに親元を離れて一人暮らしを始め、試行錯誤しながら自立生活を確立していきました。

(インタビュー記事より)





精神的にも、物理的にも

自分の意思で選択できる選択肢(依存先)を持てることが自立だというのは

私にはとてもフィットします。



誤解を恐れずに言えば

彼(彼女)がいなくなったら、生きていけない!というのと

この会社がなくなったら、生きていけない!というのはある意味同じで

仮にその大事にしているものを失ったとしても

自分の意思で、また人生を拓くことができる、

そのための選択肢(依存先)を持っている、ということ。



そのために、その対象に盲目的にならず

これしかない!と思い込まず

選択肢(依存先)を常に入れ替えられるくらいの余裕をもって

人生も味わえたらいいと思います。



…いや、別に、特定のパートナーがいるのに

別のパートナーの選択肢を探しましょう、ということではないです(笑)




紫乃さん:紫乃さんは「自立」って、どう定義してますか?

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000