相手を信頼できるかどうかを、どこで判断していますか

CEOの岡田慶子です。


(いろいろやることたくさんあって)残業なんてしてる暇ないよね!

という投げかけがありましたが


まぁ、夜は夜でそりゃもう、互いにあれこれ交流もありますから(笑)

といいつつ、デスクワークをしていないだけで

情報アンテナを磨くような活動は、結構している気がしますよ、紫乃さん。

そんな意識は日頃してないでしょうけど。




さてそんな私は、昨年秋から毎週決まった曜日の決まった時間に
組織開発(OD)の勉強会をしています。

ちょっとマジメ風ですが、「人はどうしてそう動くのか」ということに

興味関心が強い私としては、課題図書の予読は大変ながら

メンバーとのやり取りそのものは楽しくて仕方なく

勉強!とか残業!(違うw)という意識は全くないものです。




今週のその場で
「人は何をもって相手の信頼を測るのか」
という問いがメンバーから出てメンバーで意見交換をしたのが興味深く

ちょっとここに書いておこうと思います。


読んでくださっている方も、考えてみてください。

あなたは、相手を信頼できるかどうかを、どこで判断していますか?



仕事で営業が来たケースを想定して、と一気に列挙した男性。

 ・ロジカルに、相手にわかりやすく話せているか

 ・謙虚さと自信のバランスはとれているか

 ・伝える能力は高いか

 ・自分の商品、サービスを信じているか

 ・そこに愛はあるか

 ・相手に対して寛容か

 ・人間を性善説で見ているか



女性は、最近の就活事例、ご自身の新しいクライアントから

「ブログを読んで考えにも共感しています」と言われたことを例に

 ・SNSでの選ぶ❝言葉❞、使う❝表現❞

からも見えるのではないかと言った。



そしてやりとりのなかから

 ・相手に対して自己開示しているかどうかは大事ではないか

 ・自分の考えていることと同じ方向、そこに共感がある時ではないか

 ・自分の立場、見方に固執せず(そこから離れることができる)

  相手の立場を尊重し、寄り添える人ではないか

という話も出た。



一方、ビジネスマナーを「信頼されるための心のカタチの表現」と置くと 

身だしなみも、十分な要素。

話し方、声のトーン、笑顔、物腰、相槌の打ち方、話すスピード…

当然言葉遣い、話の内容…







これ、結論が出なかった。

好きな人、嫌いな人を測っているのではなく

仕事ができる人、できない人を測っているのでもなく

仕事をするにしても、友だちになるにも、恋をするにもある意味共通する

「人として信頼できるかどうか」は、なかなか測る決め手がない印象。

帰路、余韻を楽しみながら、帰路一緒の人と続きを話してたら出てきたのは

・約束を守れる人

・嘘をつかない人

・言行一致の人


うん、ここもかなり大事だ。

紫乃さん、どう思う?





ちなみに「信頼をどこで測るか」とググると出てくるのは

・体脂肪率をきっちり測定したいです

・体温はどこで測るのが正確なの?

というのがワンツー回答です(笑)

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000