20年後、どうしていますか?

先週とある場でご一緒した方のご案内で
「55歳からの人生を生き抜くサバイバル術」というイベントへ出かけたCEOの岡田慶子です。




初めて知った会のイベントなので
毎度こんな100名ほど集まるのか
テーマへの関心の高さから今回は参加者が多いのかわからない。
定員100名に近い参加の2/3は50歳以上という
当事者感溢れる場の空気。


テーマは3つ。
各20-30分ながら、要点がとてもコンパクトに纏められていて素晴らしいプレゼン。


テーマ①:70歳まで働く理由と、副業への取り組み
テーマ②:社員の生活を、そして将来を真剣に考える企業とは
テーマ③:首都園の仕事を地方で行うIT業界の潮流


①について、サイボウズ 野水 克也さんより
内容に入る前に一つの問い。

【20年後、みなさんはどうしていますか?】



続いて、社会環境としての高齢化、生産人口の減少
要介護者にかかる日本の予算、サラリーマンの平均年収の推移
そして定年後に必要な生活費など、参加者の顔がどんどん暗くなるデータの提示。


そのうえで

自立ーすなわち会社にぶら下がらない

ために、複業/副業という選択肢もあるのではないか

自立とは、依存先を増やすことだ

と話された。




そして、複業/副業の選び方を3つ挙げた。

1.好きなことしかやらない
2.複数のスキルの組み合わせでオンリーワンを目指す
3.本業の技術や顧客へフィードバックできるもの



結局、本業の時間をやりくりして(まで)
取り組む複業/副業。
本業大事にしながらも、よそ事に注力できるには
それなりの感情「好き」がないと踏ん張れない、
収入につながらない、充足感を持てないだろうと。


全く同感、やっぱりそうだよな。
これって、体幹から違う枝をつけるわけで
その体幹は何でできているかというと


その自覚する自分が好きなことに
これまでの知識や経験を投影し、必要なものを生かし
新しい技術やネタ、周囲の仲間との連携(組み合わせ)から
独自の自分の切り口をつくっていく。


そして、それらから得たものを
ちゃんと本業にも還していくことで
また本業から複業/副業への好循環が生まれていくだろうということ。



70歳くらいまで働くことが、ほぼ前提の我ら以降。
本業あっての複業/副業なら
好きなことやれる流れがきたよ、って捉えませんか?



【20年後、みなさんはどうしていますか?】



先ず隗より始めよ。
自分の心に従って、だな。



続きはまた明日。
















株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • Keiko_okada

    2017.04.18 16:35

    @Yutaroお話を聞くスタンバイできています!
  • Yutaro

    2017.04.18 16:32

    全くその通り。既に開始してますよ。