自分のアンテナからのシグナルに応えよう

今日明日は予想最高気温が25℃超えとのこと。

朝イチで走っておいたよかったと

早起きに得した気分のCEOの岡田慶子です。




昨日お会いした方が

「ちょっと待って、なんで今自分が一番考えていることを示唆するの」

「あ、今の話、ちょうど今、なんとかしないといけないことだと思ってた」

「こうやって、自分にとって必要なことを言ってもらえるのはありがたい」と

やりとりの最中に数回、こんな言葉を口にした。


聞いてはいないけど、あたかも私が

あなたのアタマの中はお見通しよ!と言わんばかりに。



いや、違いますよ、と私は言った。



ここずっと仕事ばかりで

仕事がらみの会食などばかりで

仕事以外の時間をほとんど持てていなかったという彼が

知り合って間もないながら

Facebookなどの発信から

なんか気になる

なんか興味があってゆっくり話をしてみたいと思っていた「私」を

今日のランチに選んだという

あなたのアンテナが、このやりとりを引き寄せているんですよ、と。


今の問題意識が何かはわからないけれど

その問題意識を持っていない3か月前に

私が同じ話をしても、きっとさっきのような「驚き」も

ちょっとした「感激」もなかったと思いますよ、と。






意図をもって会いたい相手がいる。

ふと、会いたいな、と思う相手もいる。

そんなときがある。



そこに自分でアクセスして「得るもの」があったとしたら

それは相手がくれたものではなくて

自分が引き寄せ、掴んだもの。


とはいえ、私も彼から

思いがけないアイデアの種をちゃっかりもらったけど。




いずれにしても、先のような

なんか気になる

なんか話をしてみたいな、という相手がいるときには

そんなときを感じたら

億劫がらずに会いに行くのがいい。



自分のアンテナからのシグナルに応えよう。

自分の中の何か、何とかしたい、何とかしなくちゃの駒が

きっと一歩進む。













株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000