50歳以上は、会社にとってコストを下げたい対象でしかない

日経BPの河合薫さんのコラムで

「50歳以上はお荷物でしかない」という見出しが目に留まり

うーーーんと唸りこんでしまったCEOの岡田慶子です。


この回の大見出し、つまりタイトルは

【 転勤を命じた相手は、親を介護する52歳の元上司】というもので

こういった事例が起きる背景の紹介と、対処の方向性をを示唆している。



引き続き考えたい「自分の居場所」について

この事例が直接的ではないので、内容を引用はしないが

50歳以上は、会社にとってコストを下げたい対象でしかない

そう読み取れるくだりが一部に書かれている。



これ、つらいなぁ。

対象でしかない、だもの。



でも、さ。


仕事経験のない新卒を採用して、自社仕様に教育して資産化し

20代から40歳中盤まで、個々はさておき、総力として活用して利益を上げ

50代になったら、資産価値がある人は、引き続き企業成長に貢献させ

資産価値が落ちた人、不良債権化した人は問題視しつつも

過去の資産運用益を考えたら、まぁそう目くじらを立てることなく放任だな、と

企業の余裕があるときには、こんな感じだったと思われ。



今、企業にそんな余裕がなくなりつつあり

不良債権は棒引きししたい、という対処のよう。


つまり、じわじわと「これまで」の対応はないからね、ということだ。


ちょっと待ってよ。

これまでは、できるだけ社員を辞めさせない

男女で言えば「焦らせ」のしくみみたいなもの。



自分(うちの会社)から離れていかないように

もう少し頑張れは、あそこまでいったら

美味しいもの、欲しいものにありつける、という。


それなのに、そのときになったら

「あんた、いらない」「嫌い」「近づかないで」って感じか。





雇用延長のしくみは、国の旗振りもあって推進されつつあって

うまくいったら70歳まで働けるかも?と期待したいところだが

50歳以上は、会社にとってコストを下げたい対象でしかない

というではないか。

これからどんな20年が待っているのか。



おまえだけだよ、って忠誠尽くしてきたというのに、なぁ。

居場所は幻、見せかけだったのか。

会社の中での居場所は、もうないのか。





続く。


株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000