よく話すとうまく話すは違う

昔から「オシャベリ」というのは以前も書いたことですが

私の話は、声のとおり、滑舌よく

「自信を持って、いいことを言っている」ように

周囲からは聞こえるらしいのですが

個人的には非効率な話し方と自覚しているCEOの岡田慶子です。



さて、知り合いのEさん。

とてもユニークな人で、興味の先や発言が

一つ一つ見聞きしていて興味深い大好きな人。

数か月前に久しぶりに会った際

最近興味を持っていることを聞いたら

「トーストマスターズをやってる」という。

ふむ、トーストと言えばtoast。


なるほど数年前、周囲で人の口に上るよりはるか前に

「バーベキュー検定」の資格を取得していた彼女。


きっとパン好きが多い日本で始まった検定なんだろう…と思っていたら

そーではなくて(笑)


トーストマスターズとはスピーチのトレーニングを行うことを主な目的とした、非営利教育団体。現在、米国、カナダを中心に、全世界の110カ国以上で約12,500以上の正式クラブがあり26万人以上が学んでいる。 (2010年夏現在)国際本部は「トーストマスターズ・インターナショナル(TI)」と呼ばれカリフォルニアに置かれている。 日本では100近くの正式クラブがあり、延べ2,500人近くの会員が在籍(2010年夏現在)。




ご近所の彼女が在籍するクラブが私にとっても最寄りのため

過日、早速「溝の口トーストマスターズクラブ」へ見学へ。



ユニークなのは以下のポイント。


・先生はおらず、参加者同士の学びあい

・ 80年以上の歴史のあるスピーチマニュアルがよくできていて(!)

 入会すると、その手順に沿ってスピーチ力を訓練していく

・楽しく練習することを通して、 話し方、コミュニケーション・リーダーシップスキルの

 上達を図るというもの

・運営においてもスピーチにおいても、時間管理が徹底されている

・運営は、様々な担当を参加者間で割っての自主運営

・話す力のみならず、聞く力、そして日本語の言葉力もアップするしかけ

・参加者同士による丁寧なフィードバック

・エリア大会など、成果を試す機会が頻繁にある


【参考】

トーストマスターズから得られること  

話し方教室やセミナーとの違い  




見学といっても、ゲストも参加者のうち。

見てるだけ、なんてなくて指名されたりなど。




即興は得意系だけれど、タイムキーパーが目に入る中で

時間内に話をするのには慣れていない。



汗かきつつのトライながら、ありがたいフィードバックをいただき

当日のAWARDのひとつをいただく。




でもでも、まだまだ。

話し好きだからこそ、楽しんで学べそう。


スピーチをよりよく組み立て

時間内に、相手にわかりやすく伝える力を高めたいと

入会することにした。

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000