人との距離感って?

「あの人はこういう人だから、付き合うにはこうしたほうがいいよ」という親切な助言。

私、それ必要としていません。


あなたの付き合い方と私の付き合い方は違うかもしれないし

相性の違いもあるだろうし

そもそもその人自身が、今どういう人であるかは

あなたの知っている頃と違うかもしれないし

その限りじゃないかもしれないわけで。


と、言いたいけど

「あの人どういう人?」と聞かれて

ついつい、私の視たてを話してしまいがち。


私の付き合いの範囲で知るところによると、という前提を必ずつけ

いいことはさておき

ネガティブなことは本人に伝えてあること

または伝えられることに限り話をしようとココロに決めた

ヒキダシ屋女将の岡田慶子です。





私はFacebookで、面識のない方と友達になることは皆無です。

なぜならば私は、Facebookを既知の人とのコミュニケーションツールとして活用しているから。

従って、会ったことがない人に友だち申請をすることはありません。



でも、私の知人が

私の知人と名乗って、私のお友達に「友だち申請」をすることがたまにあるようで

それは個々人のFacebookとのつきあいと理解していても、少々困惑しています。



「岡田慶子さんのお友達の〇〇です。」で始まるメッセージに

いきなり自己紹介つきでお友だち申請されても

ご本人らも私同様に面識のない人とはお友達になるつもりがない、

しかし、私の知り合いということで見知らぬ人からのアクセス同様スルーしていいのか、

それは私に失礼ではないか、ということで保留にし

考えた挙句に連絡いただくことが時々あるからです。



ちなみに私はこういうとき

「私の知り合いとかそういうのは外して

あなたのいつもの判断軸で対応してください。」と答えるので

その後、どうなっているかは知りません。



子どもではないから

それはそれで当人同士の話、以上!ではありますが

今のところ男性に限る話。

なんででしょうね…。




Facebookの投稿上ですれ違って、幾度かやりとりがあって

互いに認識あって「あ、友だちになりたいな」というのであれば

メッセージを送っても、こういう反応にはならない気がします。

少なくとも私は。




リアルな人間関係の距離感同様

こういったネット上、そしてSNSの特性ごとに

メンバーとのやりとりの距離感が違うと思っています。

正解はないけれど

どこかで知ったり、考える機会があるといいのかもしれないと思う昨今です。

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000