努力することに 飽きたことは 一度もない

「今年中にゴルフのスコア、コンスタントに90を切るんだ」と

ゴルフコンペでの不調を悔しがりつつ(とはいえ100を切っている)

忙しい仕事の合間に朝練し

「頑張るねぇ」と声をかけると

「あと5カ月だからね」という友を

心底尊敬するヒキダシ屋女将の岡田慶子です。






継続は力なり
努力は人を裏切らない



結果にメチャクチャこだわる友は

実はこうやってメチャクチャ努力している。



人生80数歳と仮置きしている彼の人生は

エクセル内にデザインされているらしく

いつまでに何を達成するかが決まっていて

その結果に至るためのプロセスも計画に落とされているとのこと。


さまざまな達成目標の中のひとつのゴルフは

今年中に90を切ることにより

求める何か(どこか)への到達に近づくようだ。



友は何を求めているのか。

どこへ行こうとしているのだろう。

今度会ったら聞いてみよう。



そして、過日お会いした方。


30歳までの20代は音楽に没頭し

会社員になった後も、ボーカルはもとより楽器あれこれ。


しかし、音楽するにも基礎体力が大事だと

尊敬するミュージシャンが発したことをきっかけに

30代を体力づくり…人生初の空手に没頭したという。


週に2回道場に通い、毎日の練習を欠かさず。

そしてなんと40歳を前に黒帯取得!!




「30代からの空手、体力も落ちてたし、きつかった

カラダもそれなりに弛んでいたしね。


でもね、人間やったらできるんだねー

今はかなりまた弛んじゃったけど(笑)

当時は相当カラダ絞れてたんだよね


何より自分に対して『絶対的な自信』を持ったね


30歳からだってできるんだ

やれるじゃん、俺って!!


人はいつからだって、なんにでもなれんじゃんって!!」




子どものころからやってみたかったという空手に向かい

ここまでやりきるなんて、ハンパない!


興味を持って、探求したい対象だからこそ

50歳を前に、今でも毎朝15分ほどの空手の練習をしているらしい。




これを人は努力というかもしれないが

「うーん、努力かなぁ」と彼は笑った。


人から頼まれたわけでも、勧められたものでもなく

自らの意思で向かう気持ちに、継続に繋がる源泉がある。




https://tjornbo.wordpress.com




努力することに 飽きたことは 一度もない

レオナルド・ダ・ヴィンチが言ったとされている。


天才と言われる才能を持っていても

努力をしなきゃ才能も生かせないという意味らしい。




そう思うと

続けることよりもむしろ

続けられることを探すのが大事

だと思う。

後は、思いのままに進めばいいからだ。




株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000