ネバネバした「ねばならない」

昨夜、雪が降るとは知っていたものの

日が変わるころと信じてた。

小雨が降っていた21時過ぎの都内から帰路につき

22時過ぎた最寄り駅では、すでに雪が降り始めていて

置いて帰るわけにはいかない原チャリで帰宅。


顔面にベチャベチャと当たる雪に耐えながらの形相は

歌舞伎の「見得」のようだと自分で想像しながらおかしくて

知ってる人には見せられないと思いつつ

家路を急いだヒキダシ女将の岡田慶子です。


粘っこいものを食べていたわけではないけれど

友人と食事をしながら「~ねばならない」について話す。


この粘着質で絡みつくもの。


剥がしたら、無意識にまた別の箇所につけてしまいがちなもの。

でも、自分がそれらを付けていることには気づきにくいもの。



目に見えたり、見えなかったり

言葉にしたり、したこともない自分の中のモノサシが

それら以外を許容しづらいとき

「ダメだよ、これじゃ」

「ふつうはこうあるべきでしょ」

「こういうものじゃないの?おかしいよ」

「(…モヤモヤ、イライラ)…違うよ、これ」

なんていう反応をする。



モノサシは、「あるべき」ガイドラインとして事象を捉え

修正するために「ねばならない」という信号を出す。



「ねばならない」というのは「したい」というのとは遠く

義務的に、したくない、「できないけどしなくてはならない」印象だ。


「したいこと」「することに無理がない」ならば、「ねばならない」なんて言わない。

自然にできていることに、こういった表現はしないからだ。




この「~ねばならない」は

本当に「ねばならない」のか。



ねばならないことを

これ、やろう!に変えられるのがイチバンだけど

これ、やらねばならない、という出口ではなく

これ、やってもらおう!として

いいよ、やるよ!に繋がったらいいのに。




でも、そもそも

そのやらねばならないことよりも

なぜ「ねばならない」と思うかの

その人にぴったりと貼りついた"価値観"や"習慣"の

ネバネバとその人に貼りついていることが転換できないと

こういう変化は難しい。




ねばねばした話はキレが悪いな(笑)




「ねばならない」って、少ないほうが

人生楽に生きられていいみたい、と人生折り返した友人とやりとりしたネタ。






株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000