不安は次の扉を開けるカギかもしれない


「あ、どうも不安です」

同性で同姓、同星座の女性がFacebookに投稿していた

今週の天秤座の人の状態。


なんでも昨今、とてもいい当ててると噂の"しいたけ占い©VOGUE"


そうなの?天秤座の人は、季節の変わり目でちょっと体力も落ちていて

「本当に大丈夫なのかな」って、みんな不安が来てるの?
ちょっとした瞬間に、みんな少し暗く考えてしまってるの?


って、すぐそこにツッコんじゃうのだけど、今回はそうではなくて

彼女の投稿で、自分の中のザワザワする不安感に気がついた

ヒキダシ女将の岡田慶子です。




自分の個性というか、性質、思考の癖。

「もっと、もっと」

「あれも、これも」の欲張り。


間違いなく、自分のレベルやキャパを超えての願望。

そうやって求めるのがモチベーション。

そして、そこに至らない自分を知っていて

その不安を解消するように頑張ろうとするのがエネルギー。


でも、何かの要因で、そのモチベーションバランスが崩れると

不安に押しつぶされそうになり、ザワザワ…ザワザワ…




そんなことを考えていたら

こんな状態、いつかあったな…と動いた記憶の箱の蓋。


いい機会だから、自分の原点に迫ってみようと
久しぶりに、自分の【ライフラインチャート】を0から書いてみた。


※ライフラインチャートとは、自分が経験してきたことをとおして
その時どんな感情だったかを見える化する作業。
過去の自分、現在の自分が大切にしている思いや価値観に目を向けることで

セルフコントロールや、未来を考える一助にもなるもの。

※参考

厚労省作成のシートはこちら





すると見えてくる。

自分の心の在りようの基盤。


こういうことがあると気分は上がる、気分は落ちる。

こうあれば、気分上げていける、そんな自分。


これ、ある意味、自分を何とかしたいときのための"処方箋"。


これからどうしていこうか、と考えるときに

まずは自分のことを振り返り、棚卸するのに役立つ。



そして次は、自分が気分を上げていけるような状態にするために

周囲にそんな自分を開くことも大事。






やだ、これヒキダシで開催する
7月21日(土)のセミナーのテーマそのものじゃん!笑


人生100年時代 50歳から考える 人生二毛作プログラム



50代の方々へ

定年60歳が65歳になったり、定年制が撤廃される企業も出てきている昨今

これからのこと、働くことについて

自分だけで考える時間も大事だけれど

友達でもなく、知り合いでもない

同じ時代を生きてきた、でもそれぞれに環境の違う同世代同士で

気楽に、ちょっと真面目に考え合う時間を持ちませんか?

多面的な気づきを得るのにきっと役立つと思っています。

女将、お待ちしています♪




ちなみに本セミナーのお申し込みは、6/20までは早割料金で5,400円。

それ以降は、7,560円。気になった方は今すぐ!!



お申し込みはこちら
人生100年時代 50歳から考える 人生二毛作プログラム






「不安は次の扉を開けるカギかもしれない」

と言った彼の方の言葉は、この時点で、やっとしっくりきた。



ちなみに写真は、私が新卒で就職した最初の会社のメイン商品。

社会人としての原点。







それではまた、ごきげんよう♪

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000