渋谷STREAMとチャレンジの話

先週9月13日に開業した、渋谷STREAMに行きました。


ここは、敷地に寄り添うように流れる渋谷川や

旧東横線渋谷駅の線路跡地のゆるやかなストリートを表現するとともに

ここでの体験・交流・挑戦から生まれる新しいモノ・コトを世界に発信し

「クリエイティブワーカーの聖地」として

新たな次代の流れを生み出し続けたい、

そんな想いをネーミングに反映したという施設。


出かけた金曜日は、開業翌日。

老若男女、関係者ふうなビジネスパーソン、学生、友達、親子、カップルが連れ立ち

食事したり、お茶したり、あちこちで写真撮ったり…

渋谷南の今後の可能性を、肌身に感じてきた

ヒキダシ女将の岡田慶子です。



渋谷は本当に変わっていく。

個人的に一番使うターミナル駅ながら

自分には通勤がないため

同じ道をたどって、同じ目的地に行くことがない。

だから、月に幾度か通る道ですら

景色が変わっていて驚く。

今後もたくさんの施設ができ

人の流れが、さらに変わってくるだろう。

「たくさんの個性を引き寄せて化学反応を起こすプラットフォーム」というこの場。

こういうコンセプトに惹かれた企業や人が移り住み、活動し

渋谷は本当に、もっともっと変わっていくに違いない。





そんなプラットフォームって、本当に大事、価値がある。

なにもないところから、何かを生み

発信していくことは、相当大変。

でも、そういった出会いや

場を担ってくれるプラットフォームがあることで

知るチャンス、出会うチャンス、

協業するチャンスやレバレッジするチャンスなど

抜群にそれらは確率と精度を増す。



今は、そんなプラットフォームがあちこちにできている。

だから、何かを生み出したり、変えたり

出会ったり、コラボレーションしていくことなど

チャレンジするハードルは低くなっている。

そんな時代だと思う。




資金がないから今はできない

アイデアがまとまらないからダメ

能力ないし…

センスがないからなぁ

仲間を集めてるところなんだ…


気持ちはわかるけど、自分もそう考えることよくあるけれど

そうじゃなさそう。



いろんな意味で、準備万端でなくても

いや、そうでないからこそ助けとなるのが

プラットフォームであり、そこの仕組み

その場に集まる人々、そこで関わる人の力なのではないか。



今って、ちゃんと段取り踏めば

何とかなるという時代じゃない。




未熟でも、ちょっとずつでも、動いていくこと

やっていくことで、資金も、アイデアも、センスも、仲間もついてくる

そんな時代じゃないかと思う。


そして、そうやって進めるほうが、怖れる"失敗"を回避することにもつながると思う。



さて、何をやってみましょうか。



気になることがあれば、ちょっと明らかにしてみましょうよ。

モヤモヤするなら、話してみてください。

興味の針が動くことがあれば、やってみましょう、少しでも。

誰でもない自分が自分であることを実感し、充足感を得、さらに幸せ感をもてるように。



ヒキダシは、こんな時代に
自分らしいと感じられる
少しでも納得度の高い人生にするための
"次へのアクション"を見出す、応援する、
背中を押す存在でありたいと思っています。


まずは気軽にスナックイベントのスナックひきだし】へ!

もう少し、人生やキャリアについて考えてみたいなら





「自分らしくなんて考えたことがない」

「自分自身を客観視するにはどうしたらいいか」


そんな思いに伴走すべく

ヒキダシでは40代以降の方を対象に

自分史の棚卸しワークショップを開いています。


次回は、来週末の9月29日(土)11:30~17:00

カフェで話をするように、気楽に

でもちょっと真面目に、自分のことを語り

同世代の声を聴き、自身を棚卸しながら

次のことを考えてみませんか?


【定年後も強みを活かして仕事ができる 自分史の棚卸しワークショップ】~人生100年時代の50歳から考える人生二毛作#3~




ではまた!ごきげんよう♪

株式会社ヒキダシ 代表取締役のブログ

個人と企業の潜在力を心底信じて引き出して、社会と有機的に繋ぐためにそっと背中を押す 「株式会社ヒキダシ」の代表取締役CEO岡田慶子とCOO木下紫乃が綴るブログ。

0コメント

  • 1000 / 1000